フルートを始めたきっかけは?
とよくご質問を戴きます。
何事にも出会いときっかけがあります。
私のフルートとの出会いは「父」です。
父は学生の頃オーケストラ部に所属しており、
フルートを担当していたそうです。
音楽好きの父のお陰で幼い頃から私の周りには
いつも音楽が溢れていました。




フルートは幼い私にとって
「大人になったら演奏出来る楽器・・・」
として、強い憧れの存在でした。
(当時は幼児用楽器の
存在は知りませんでしたので)
父の奏でるフルートに子供ながら
心を動かされたことを今でも覚えています。
そして、中学入学と同時に
父の長年大切にしてきた
フルートを譲り受け、
その重みを感じながらも
心躍るような幸せを実感したのです。
あの時の心のときめきは忘れることが出来ません。
その後新しい楽器を買って貰い、
母の送り迎えのもと毎日のように
レッスンに通いました。
両親には感謝してもしきれません。
フルートを奏でる喜び、
支え応援して下さる方々への感謝の気持ち、
いつもたくさんの幸せに包まれながら
演奏させて戴いております。


高校一年生、自宅にて父とアンサンブル